ルアーロッド

Fishmanより渓流ベイトロッド「Beams blancsierra4.8UL」が3月22日発売!

ベイトロッド専門メーカー「Fishman(フィッシュマン)」から、新しい渓流用ベイトロッド「Beams blancsierra(ビームス ブランシエラ)4.8UL」が発売されます。

人気のブランシエラシリーズ「5.2UL」の飛距離と、「3.9UL」の操作性をあわせ持つコンセプトで設計。

激しい曲がりが特徴のブランシエラシリーズのモデルながら張りをもたせおり、ルアーの初速アップや低弾ライナーでのキャストをサポートします。

2022年3月22日(火曜日)12時より予約開始です。
では、さらに詳しく見ていきましょう。

Fishman「Beams blancsierra(ビームス ブランシエラ)4.8UL」

ビームス ブランシエラ4.8UL出典:Fishman

フィッシュマンから2022年新しく発売される「Beams blancsierra(ビームス ブランシエラ)4.8UL」は、渓流用ベイトロッドです。

同シリーズの現行モデル「5.2UL」と「3.9UL」との中間的な位置づけで、「5.2ULよりも操作しやすく3.9ULよりも飛距離がアップ」のコンセプトで開発されています。

従来モデルのしなやかさはそのままに、やや張りをもたせているのが特徴。

シェイクやトゥイッチなどのアクションがやりやすく、かつ4ft台とは思えないほどの飛距離を稼げるロッドです。

深く握り込めるグリップ部を採用

ビームス ブランシエラ4.8UL出典:Fishman

ビームス ブランシエラ4.8ULには、「3.9UL LIMITED」にも採用したFishmanオリジナルのリールシートを採用しています。

より重心に近い位置を深く握り込めるようになっており、キャスト精度や操作感が大きく向上しているのが特徴。

低弾ライナーでのピンポイント撃ちを強力にサポートします。

独特な内部構造設計のブランクス

ビームス ブランシエラ4.8UL出典:Fishman

素振り時にシャキっとした印象のブランクスながら、キャスト時やバイト時にはグニャッと曲がるのが特徴です。

独特な内部構造設計によって飛距離がアップしているほか、魚を絡め取る性能にも優れています。

ビームス ブランシエラ4.8ULの紹介動画

Fishmanの公式YouTubeチャンネルでは、ビームス ブランシエラ4.8ULをテストしている様子をアップしているので、チェックしておきましょう。

Fishman代表の赤塚ケンイチ氏が軽いルアーと重いルアーの投げ心地、トゥイッチなどのアクションのしやすさを、トップウォーター・スプーン・ミノーなどさまざまなルアーをキャストしながらチェックしています。

動画のなかで使用しているタックル

ダイワ(DAIWA) ベイトリール アルファス AIR TW

デュオ(DUO) スピアヘッドリュウキ50S ピンクヤマメ ADA4019

ビームス ブランシエラ「5.2UL」と「3.9UL」もチェック

FISHMAN Beams blancsierra 5.2UL

Fishman(フィッシュマン)
¥41,591
(2022/10/01 01:27:33時点 Amazon調べ-詳細)

アンダー2gのルアーをキャストできる、軽量ルアーピン撃ち専用ベイトロッドです。
ミノープラグやトップウォータープラグを使った、トゥイッチやドッグウォークにも対応します。

中弾性とパラボリックの中間的な絶妙な調子により、「素早く、遅すぎない戻り」を実現。
アキュラシー性に優れており、低弾ライターでのピンスポット撃ちをサポートします。

FISHMAN Beams blancsierra 3.9UL LIMITED

全長3.9ftと、川に立ちこんでいてもフリップキャストができるほどのショートレングスベイト用ロッドです。

ティップセクションにチューブラのグラスマテリアルを装備し、繊細なバイトも弾かずにフックアップ。

トゥイッチにもストレスなく対応できるほか、すばやいスナップ効果でポイントへ吸い込まれるような低弾キャストも可能です。

ビームス ブランシエラ4.8UL 概要

  • 全長:146cm(4.8ft)
  • マテリアル:4軸カーボン+グラス
  • ガイド:Kガイドチタン+ステン
  • 自重:97g
  • 継数:3ピース
  • 仕舞寸法:51.5cm
  • グリップ長:28cm
  • 対応ルアーウェイト:2~7g
  • 適合ライン:3~6lb・PE0.5~1号
  • 販売価格:39,800円+税

はじめてのベイトフィネスにオススメ!

優れたアキュラシー性と飛距離アップを実現している「ビームス ブランシエラ4.8UL」。

5.2と3.9の中間的なモデルで、ベイトフィネスをはじめてみたいと考えている方にもぴったりなのではないでしょうか。

小渓流からやや川幅のある里川まで対応し、不意の大物にも対峙できるパワーを搭載。
オールラウンドな1本を求めている方にもオススメですよ。

全国釣具店・オンラインショップにて、2022年3月22日発売です。

渓流ルアーロッドについては、下記の記事でも詳しく取り上げていますので、ぜひチェックしてみてください。

渓流ルアーロッドのオススメ厳選18モデル!初心者向けに選び方も解説渓流で軽量なルアーをキャストできる「渓流ルアーロッド」。パワーや長さ、アクションなどが異なるさまざまなモデルが発売されています。オススメの渓流ルアーロッドを紹介し、あわせて選び方も解説します。...

TOPページへ