ティムコ

ティムコ「ラウド45S」実測!独特のセッパリデザインに注目

ゲームフィッシングブランド「ティムコ」より、渓流釣り用シンキングミノー「ラウド45S」が発売されました。

アップストリーム用として設計されているとのこと。
独特のセッパリデザインに興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

では、詳しく見ていきましょう。

ティムコ「ラウド45S」

ティムコから発売された「ラウド45S」は、サイズ4.5cmの渓流用シンキングミノーです。

背中が盛り上がった独特のセッパリデザインが印象的。
ヘッド部への水受けを増やしており、アップストリームで威力を発揮します。

騒がしいほどのヒラウチアクション

”ラウド”と名付けられているように、ロッドワークに追随して騒がしいほどのヒラをうつアクションが特徴です。

シェイキングなど小さなロッドワークでも、メリハリのあるヒラウチアクションで魚を誘います。

ステディリトリーブではウォブリング8、ローリング2の強いウォブンロールアクションで魚にアピール。

強めにトゥイッチでは定点でテーブルターン気味に大きく頭を振るアクションで、移動距離を抑えられると謳っています。

短距離でのアップストリームにマッチ

ステディリトリーブとロッドワーク時のアクションバランスにより、小渓流など短距離でのアプローチが多いアップストリームの釣りにぴったりです。

フォール時は、水平のシミーフォールでトラウトにアピールします。

サイズ45mmの渓流用シンキングミノーで、根がかりしにくい潜行深度と重さに設定しており、軽快なアップストリームでの釣りをサポートするルアーです。

ティムコ「ラウド45S」概要

  • 全長:45mm
  • 重量:3.4g
  • タイプ:シンキング
  • 価格:1,500円

カラー

画像 カラー
001 LHヤマメ
002 MHハクヤマメ
003 LHシャートヤマメORベリー
004 LHテネシーシャッド
005 MHアカキン
006 HGピンクヤマメORベリー
007 パールヤマメ
008 MHコバルトヤマメ
009 グリーンハイランダー
010 HGオレンジフラッペ

ティムコ「ラウド45S」実測

今回、実際にラウド45Sを入手しましたので、実測してみましょう。
まずは、ボディサイズ。

メーカー表示通り、4.5mmです。
次に、メーカー表示にない厚みを測ってみます。

厚みは5mmです。
次に重さ。

3.42gと、重さもメーカー表記通りです。
さすが日本国内メーカー。海外メーカーとは違いますね。

わたしは基本シングルフックで使用しますので、オーナーばりの「カルティバ S-55M #8」と交換して重さを測定しました。

3.31gと、標準のトリプルフックと1.1gしか変わりません。
これなら、キャストや泳ぎに影響しないのではないでしょうか?

ティムコ「ラウド45S」の動画

アップストリームで威力を発揮!ティムコ「ラウド45S」

独特のセッパリデザインが印象的なティムコ「ラウド45S」。
ヘッドに設けた水受けを増やすなど、アップストリーム用として設計されています。

とはいえ、ダウンストリームでもしっかり泳ぐとのこと。
ぜひフィールドで試してみましょう。

渓流ルアーについては、下記の記事でも詳しく取り上げていますので、ぜひ参考にしてみてください。

渓流ルアーのオススメ28モデル!選び方を徹底解説渓流釣りのなかでも、シンプルなタックルで楽しめるとして人気なのが渓流のルアーフィッシングです。渓流ルアーの選び方と解説。あわせてオススメモデルをタイプ別に紹介します。...

TOPページへ